取り扱い素材

Material

素材紹介

軟質ポリウレタンフォーム

ポリウレタンフォームはポリエーテルタイプ、ポリエステルタイプのフォームがあります。
それぞれのフォームの特長を活かし、ポリエーテルフォームはクッション性重視する分野に、ポリエステルフォームは耐油性、機械強度を重視する分野に使われておりました。
昨今の技術革新により、ポリエーテルタイプはポリエステルフォームの分野にも広く使われるようになり、今ではポリウレタンフォームと言えば、ポリエーテルフォームをさすようになっております。

ポリエーテルタイプ ポリエステルタイプ
機械的特性 引張強さ(kPa) 60~140 160~240
伸び率 100~400 100~450
圧縮特性 25%硬さ(N) 30~350 120~180
ヒステリシスロス(%) 25~40 35~50
残留圧縮歪(%) 2~10 3~7
反発弾性(%) 30~60 25~35
耐久性 耐熱 MAX 約90℃ 約100℃
常用 約70℃ 約70~80℃
耐水性・耐湿熱性 安定で劣化しにくい 高温高湿時やアルカリ性、
酸性時劣化が早い
耐油性 膨潤し、強度低下する
油分を取り去ると回復
膨潤少なく、強度低下も少ない
対候性 紫外線により徐々に劣化する エーテル系より、やや優れる
セル 均一性・大きさ 普通 大きさを可変しにくい 種々のセルの大きさが作りやすい

独立気泡ポリエチレンフォーム

ポリエチレン樹脂を基材とした独立気泡体。気泡は極めて細かく、柔軟性に富んだソフトな感触です。各種プラスチックフォームのなかですぐれた緩衝性・断熱性・浮揚性・耐薬品性があります。また、食品衛生法適合グレードもできます。
※製造過程にフロンガスを全く使用してしないクリーンな発泡体です。遅燃性で。燃焼時にダイオキシンなどの有毒ガスを発生しません。

幅広い分野に使われる加工性

一般産業・建築・日用雑貨・梱包・海洋船舶など、多目的に使えます。

土木建築用の目地板や
バックアップ材
梱包・輸送の内装材
玩具などの日用雑貨 健康・スポーツ用品
海洋船舶の防舷材や
セーフティーフェンダー
弱電機器のパッキング材
断熱材

合成ゴム発泡体(半連続気泡)

合成ゴムを基材とし、半連続気泡状態にさせた発泡体です。柔軟性が豊かで、わずかな力による圧縮が可能。凹凸部分にスムーズにフィットします。酸・アルカリ性に強いOP系(EPDM)・NP系(NBR/PVC)、及び耐熱性・耐油性に優れ、低イオウでシロキサンの出ないアクリルゴム系(ACM)などの製品バリエーションがあります。

土木建築関連
シール材・止水材
電機機器関連
シール材・止水材
自動車関連
シール材・止水材
隙間テープ
スリップ止め

合成ゴム発泡体(独立気泡)

一つひとつが完全に樹脂膜で覆われた
独立気泡状態の合成ゴムスポンジ。
反発力があり、断熱性にすぐれています。ゴムの種類によって難燃性(CR)、耐薬品性(EPDM)・(NBR/PVC)などの特性があり、低イオウ(EPDM)のものなど製品バリエーションがあります。

空調関連
ダクト・内装用床下断熱
冷熱関連
水槽熱・チラー・地域冷暖房
冷媒関連
ショーケース・冷凍機
鉄道関連
空調機器及びダクト
その他断熱
半導体生産装置、クリーンルーム関連

その他の素材

ビーズ法発泡ポリプロピレン ビーズ法発泡ポリエチレン 発泡ポリエチレンシート 気泡緩衝材
無架橋ポリプロピレン板状発泡体 PP発泡シート プラスチックダンボール コンテナボックス
硬質ウレタンボード 押出法ポリエチレンフォーム 樹脂製超軽量敷板 コルクシート

※各社メーカー取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。